Chihi’Log

物語の主人公はいつだって自分だ

6月のテーマ「自分のこころに聴いてみる」振り返り

 

こんにちは!CHIHIROです。

 

今日は6月の振り返りを。今月のテーマは「自分のこころに聴いてみる」でした。

 

 

やりたくないことをいやいや引き受けたり、バタバタしているのに予定を入れてしまったり。自分のこころが「NO」と言っているのに、その感情をそのままにしていた自分がいて。「このままではよくない!!」と思い、自分の気持ちを大事にする一か月にしました。

 

 

まずは、今できないことを断ることができました。

その件についてはやるものとして受け入れてはいたけど、自分のこころの余裕とやることを考えたら、どうしてもこころが「YES」とは言わなかった。長いこと考えて、一度は断ったもののうまく伝わらなかったりしましたが、最後はしっかり「今は難しい」ということができました。

 

私がいなくても、他にも人はいる。

私は私でやること、こなすことがある。

今、やりたいことがある。向き合いたいことがある。

 

ただ、あまりにも余裕がなさそうな自分でいるのはよくないので、その辺はほどほどに。元気が出てきたらできることもある。できないって、今できないっていうだけで、今後はできる可能性もある。今年できなくても来年はできる可能性もある。

私の選択としては、自分を守った。それに尽きます。

 

 

二つ目は、会いたい人に会うことができました。

誰にでも気が向かない予定はあると思います。そういうのは今月は避けようと思って、会いたい人に会いに行く一か月を意識しました。Aちゃんにも会って、近況報告したり。色んな話ができました。会いたい人に会おう!と決めたら、結構予定が埋まったのはびっくり。いつもよりも人に会う一か月だったかも。普段はなかなか会えない高校の友人にも会えました。大事な人に会うだけでこころが楽になるなぁ。みんないつもありがとう!!

 

 

三つめは、一人で過ごす休日は自分のこころに聴いて過ごせました。

「今日はごはん作る?それとも買いに行く?」「夜更かしする?」「家にいたい?少しカフェにでも行く?」ひとつひとつ聴いてみて、自分のこころが動く方に従ってみました。これをして思ったのは、今の私は自信があまりないから、なかなか決められないんですよね。これがまたつらくもありました。なかなか「YES」の答えが出なくても、問いかけることができたのはハナマルかなと。

何事も、すぐに答えが出たり、すぐに解決することはないから。「YES」と言うまで待つこと、考えること、それも大事なのかも、と思いました。

 

 

悩むときがあるからこそ、人生は明るくなる。

考えることができるからこそ、人生は充実する。

自分に問いかけることができるから、私は自由でいられる。

 

 

7月のテーマは「楽しいことをしよう!」にします。

夏休みのこと考えるもよし、大好きな人とお話しするもよし、お出かけするもよし、とにかく楽しいことをして、自分のこころの風向きを変えていこうと思います!

 

 

先月の振り返りはこちら↓

 

chihilog.jp

 

 

 

いつも読んでくださりありがとうございます!

Xのフォローしてくださった皆さんも、ありがとうございます♪

 

 

 

また、描きます。

 

 

 

CHIHIRO