Chihi’Log

人生を冒険しよう!

愛ある居場所

 

昔から、居場所という言葉が好きだ。

 

つらかった中学時代、「居場所なんてない」と感じていた。学校にも、校外活動のマーチングにも、家にも、私はどこにも居ることができなかった。

 

人は、帰りたくなる居場所があるから安心できる。

今はそう胸を張って言える。

 

あの頃の私が欲しかったのは、安心感。「ここに居ていいんだよ」と、「大丈夫だよ」と言ってもらいたかった。幼かった私にはそれを求める術などなく、とにかく毎日を生きるのが精一杯だった。

 

 

26歳の1年は、なんだかそんな幼かった私をよく思い出していたなぁと思う。

 

以前みたいに思い出してつらくなるというよりは、なんだか懐かしい気持ちになっている。そんなこともあったなぁと、大人の私が幼い私を見下ろしている感覚にいる。でもまだ手の届く距離にはいる。・・・すごく感覚の話になるのだけど。

 

癒える傷はあるのだと思う。

どんな出来事も過去になっていく。過ぎ去っていくのだ。それを過去だと認識するのが大変なだけで。

 

今、居場所は自分で作っていくものだと感じている。

自分から動かないと人は必要な居場所につながれないのだ。

 

 

大事にしたいと思う居場所がある。

ここに居たら安心だ、安全だ、と思う居場所がある。

 

どこにも居られなかった私にも、今、自分で築いた居場所に居たいと思えている。

 

それだけで充分だ。満たされる。

 

 

27歳は、「愛ある居場所」。

そんな言葉をテーマに1年間を過ごそうと思っています。(まだ誕生日は先です・・・!笑)

 

 

 

 

hi2sug.hatenablog.jp

 

 

 

また、描きます。